スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deserter's Songs / Mercury Rev 

こないだピンク・フロイドの某アルバムについて書いたが、
その内容について熱心な読者からあるご指摘をいただいた。

同作品収録の「あなたがここにいてほしい」でボーカルをとっているのは、
ロジャー・ウォーターズではなくデヴィッド・ギルモアではないか、と。
ボクは不勉強で、シド・バレット脱退以降は基本的にロジャーがその役を
果たしていると思い込んでいたのだが、言われてみると確証はない。

で、その後、ネットに転がっている情報から確認を試みたわけであるが、
結局「この曲では何某が歌っている」という内容のものを見つけることはできなかった。
というわけで、確かな情報をお持ちの方がいたら、ぜひこっそり教えていただきたい。
「こっそり」が難しいのであれば、このブログにコメントをつけていただいても結構。
その暁には、改めてこの場で訂正広告させていただきたく候。

では気を取り直して、表題の作品について書くとしよう。
マーキュリー・レヴのキャリア中、最もバランスの取れた素晴らしい作品である。
1曲目がまず良い。歌メロはずっとリフレイン、サウンドは油絵の如くどんどん塗り変わる。
そしてエンデイングで呟かれる歌詞がまた素晴らしく、曲をしっかり締めている。
「Bands,those funny little plans,that never work quite right」

「never」という英単語が好きだ。
例えばモリッシーの歌詞に「There is a light,that never goes out」というのがある。
否定語でありながら、その含蓄は悲観や楽観といった単純なものを越えている。
日本語の「わびさび」みたいな雰囲気がある、そんなふうに感じる。

全編のサウンドについては「デヴィッド・フリッドマンの功績でしょ」なんていう、
したり顔の玄人的分析もあるだろう、それは確かにそうかも知れないが、
そんな具合にやりこめて納得するのは、あまり趣味じゃない。

我が国では音楽プロデューサーの芸術的な(金銭的な、は存じません)地位が低い。
良いか悪いかは別として、英米では「プロデューサー買い」が一般的らしい。
哀しい哉、邦楽界ではツカマツチマツタTKくらいが関の山。
そもそも彼の場合、サウンドというよりも楽曲に関する評価だろうし、ちょっと違う。

だからこそ、洋楽フェチは躍起になって「プロデューサー好き」を自称する。
ボクがアマンジャクなだけかも知れないが、何だかそれも違う気がするのだ。

アーティスト(この語もいよいよ怪しくなってくる)と制作サイドは持ちつ持たれつ。
本当は誰のおかげでもない。仕方がないから、アーティストが主役を張っている。
「プロデューサー偏重」は、そういう仕組みを無視したフェチ、変態だと思う。
英米でそんな「フェチ的文化」が一般的なのは、音楽界が進化、老成しているからだ。
日本は明らかな音楽後進国。表面的なところだけを猿真似しても、先はない。

マーキュリー・レヴはこの作品以降、「わざとらしい狂気」とか何とか言われて、
どうやら世間的にはあまり評価されていないようである。
本作が素晴らし過ぎるから、その後を期待するのはわかるけれど、大きなお世話だ。
大体、表現者が「わざとらしい狂気」を演じたとして何が悪い?よくわからない。
サウンドがどうの、ばかりを言う輩は一度彼らのライヴを見たら良い。
そうすれば、全てが笑い種だったってことがすぐにわかる。

アレ?音源のレビューだってのに、一番駄目なオチになってしまった。
とってつけたみたいになるけれど、最後の曲も良い。
どちらかと言えば重い雰囲気の本作中で、意外なほどにダンサブルな曲だ。
「never」の解釈同様、明るいような暗いような、悠久の時間が流れていてたまらない。

  • PREV |
  • HOME
  • | NEXT

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ippaiattena.blog8.fc2.com/tb.php/483-c9812960
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。