スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raygun Suitcase / Pere Ubu 

あの、正直よく知らんのだ、ペル・ウブのことなんて。
ペル・ウビュのことなんて。そんなこたーどーだって良いのだ、本当は。

よく、誰彼はいつ頃が一番良かった、とかそういう話を耳にする。
それは確かに「一般的に」そうかも知れないが、ボクにとってそうかはわからない。
もちろん「一般的に」そうであることは、ボクにも当てはまる可能性が高い。統計的に。
音楽やアート(!)に関しても、このことは例外でないだろう。

ただ30も近くなってくると、曲がりなりにも分別というものがついて来る。
色々と、どーだって良くなる。だからと言ってそれは「投げやり」と同義ではない。
もしもそうなら、ボクはこんな無意味な文章を書かないし、哲学書だって読まない。
シラフなのにジャンキーみたい、そんな年齢に差し掛かっている気がする。

とにもかくにもキャリアの長い彼らだから、その中から一つを選ぶのは大変難しい。
ましてや、ボクの場合、たまたま中古レコ屋で巡りあっただけの話だ。

でも、こういうことって、我々が生きていく上でとても重要なことだと思う。
「たまたま巡りあった」ことと「分別」や「センス」は互いに貫入し合う内容で、
どちらか一方が優位だとか、そういう類の問題ではない。

現時点で、ペルさんについてボクは、この作品しか「知らない」。
だけど、ボクは間違いなくこの作品が好きだ。「大」好きってほどじゃないけど。
少なくとも、この音を聞きたくなる瞬間がある。それって結構すごいことだ。
「好きだ」と公言したくなるものは多いが、ある特定の時間、シチュエーションで
無条件に聞きたくなる音楽、音というものはそんなにはないんじゃないかと思う。

何せキャリアが長いので何とも言えないが、良くも悪くもUSオルタナの重鎮である。
今宵言いたかったのは、「重鎮」ってもんに気をつけろ、ってことだ。
ボクは間違いなく、今回紹介した作品が好きだが、一般的には駄作かも知れない。

クラシックがロックになったということは、音楽の世界が封建制度を脱し、
権力者や創作者がその価値と権利を一般市民に譲り渡したということを意味する。

だからこそ、権力者、創作者、一般市民の全員が平等に責任を持たなければならない。
それぞれが、それぞれの立場で、それぞれに見合ったアンテナを持ち、
最大限それを張り巡らせることが、良きもの、正直なものを生み出す土壌となる。

とにかく、「重鎮」には気をつけろ、だ。
名作や記念碑的作品がアナタにとって最高とは限らない。
いや、むしろ「限らない」どころか、全然アナタは好きじゃないかも知れない。
その可能性があること、それが我々のような世代にとっての比喩でない「幸福」である。

ボクはこの先、いずれは必ずペル・ウビュの、いわゆる「名作」を聞くだろう。
良い作品かも知れない。でも、それはボクが現時点で「良い」と思う思いの否定ではない。
この音が聞きたい、と今晩彼がCDラックから引っ張り出されたことは、消しようのない事実なのだ。

  • PREV |
  • HOME
  • | NEXT

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ippaiattena.blog8.fc2.com/tb.php/481-4e34080c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。