スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 / Neu! 

今年に入って、先月中旬の頃まではどうも頭がモヤモヤしていた。
とりあえずまた新録を始めたのだけれど、なかなかテンションがあがらない。
やる気が起こらないときは、何か他のことをしてみるしか仕方がない。

ひたすら酒を飲む。これは精神的には悪くない。あくまで対症療法だけど。
幸いボクは「泣き上戸」や「バッド・トリップ」にあまり縁がない。
どうしても苦手な相手と飲まねばならない場合などは別にして、
少なくとも一人で飲むときなどは、専ら「前向き」な気持ちになるのだ。

でもそれだけではあまりに自堕落なので、映画を見たり本を読んだりもする。
モヤモヤに打ち勝つために、無理やりにでも細々と録音は続けつつ、
飲酒や読書をするうちに先月は通り過ぎていったわけだが、久しぶりに結構
大きく落ち込んだので、トンネルを抜けるときに得たものもなくはなかった。

必要以上に時間を食ったけれど、新録もひとまず完成。近々アップします。
で、得たものが何かと問われると、これがとても哲学的な問題なのだ。
こういうとこで発表してしまうと、ひどく理屈っぽくなってしまうので、言いません。

さて、ノイ!の「2」ですが、これは正直期待以上の「2nd」とご紹介したい。
「1st」の、それもその「1曲目=ハロガロ」が時代を変えたとも言われております。
だがしかーし、気まぐれなジャーマン・アバンギャルド一派のことなので、
この「2」については「興味はあるけど期待はできない」、そんな感じでありました。

たとえばファウストの2枚目の1曲目なんか、ものすごくかっこ良い。
でもあとの曲はあまりよく分からない。まーこんな軽はずみなことを言うと
すぐさま大バッシングされそうだけど、ツェッペリンの「4」と同じような印象。

ノイ!の「1」はそこそこ最後まで聞けるけれど、だからこそ「2」がそれ以上に
聞ける作品になっているとは到底思えないなぁ、という予想でした。
ごめん、ノイ!さん、謝るよ。全然「1」より「2」の方が良いアルバムじゃん!

何が良いって、その内容がほぼ完全に「1」を踏襲しているところ。
「新しいことやろう!」っていう力みが全くない。確かに新しさなら「1」で十分。
だからこそ「1」をベースに「1」と同じテンションで遊び、戯れている。

さらに素晴らしいのが、アルバムの後半に登場する反骨精神に富んだアイデア。
実はこのアルバム、前半を録り終えた時点ですっかり予算が尽きてしまった。
どうしたものかと考えあぐねた結果、彼らは既存曲の回転数(再生スピード)を
極端に上げただけのものを別曲として収録したのである。

ああ、何というインチキ、何というプロフェッショナリズムの欠如だろう!
しかし、これこそポーズでない「パンク」、ありのままの「パンク」だとボクは思う。
そもそも現代の音楽に以前のような「プロフェッショナリズム」は存在しない。
天性の音楽的才能や手先の器用さがなくても、音楽はできる。音楽の民主化だ。

ファウストもその手合いだが、ボクには少し観念的過ぎる。
ノイ!の場合、観念だけでなく、どこか牧歌的な奔放さがある。だから好きなのだ。

  • PREV |
  • HOME
  • | NEXT

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ippaiattena.blog8.fc2.com/tb.php/479-d03a59a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。