スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hate / the delgados 

今日はライブ前のリハーサルを下北で。
愛車を車検に出してたから、駅までチャリで後は電車、
と思ってたのに家を出て駐輪場を見たら、マママ、マイチャリがない!
ぬおーパクられたかっ!しかも現場は自宅の駐輪場。なんと屈辱的なことかっ!

怒りに打ち震えつつ目の前が真っ暗になったが、もしや、と思い近所のスーパーへ。
案の定、いつぞや買い物をしたまま置きっぱにしていたらしい。
自分で骨を庭に埋めておいて、「盗ったな、ウー」って飼い主を疑う犬のようだ。

デルガドス。よく聞く名前だったけど、音を聞く前は勝手に「メキシコ系?」とか思ってた。
おいおい、それを言うならロス・ロボスだろう。てか全然違うし。
実際聞いてみたら「ナニコレ?超オレ好みじゃん!マジでメキシコ人なの?」
だから違うって。両バンドのファンの方、メキシコ人の方、怒らず聞いてくれてありがとう。

まず音がデカい。しかもストリングスを前面に押し出しつつ、デカい。
バスドラなんて「うん、知ってるしってる、でもこれがイイのー」ってくらいに歪んでる。
惚れるねぇ。そのギャップ。シックなドレス着てガンガン踊る、みたいなことですな。
中域に音が集まってる感じも好みだし、何てったってこのリバーブ感が素敵!

極めつけは、ヘタでもなくウマくもない「ちょうどいい感じ」のフィメール、エマ・ポロック。
ストリングス・アレンジありーの、深いリバーブありーの、女性ボーカルありーの・・・
まぁ簡単に言ってしまうなら「退廃的」ってことなのかも知れないけど、
コクトー・ツインズやポーティス・ヘッドとはちょっと違う。

抜けてるっていうか、なめてるっていうか、微妙なユーモアがある。
すごく音楽性は高いんだけど、何となくコイツらとは友達になれそう、って思える。
ポーティスは無理っぽいもん、友達とか。いや、いずれも劣らず好きなんですけどね。
バランス感覚があるのはデル・・・って思ってたら、未だに続いてるのはポーティス。
わからんもんですな、バンドって。

  • PREV |
  • HOME
  • | NEXT

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ippaiattena.blog8.fc2.com/tb.php/452-41b85a48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。